素材を考える

クレイアート ガードマン

大阪はリフォーム業者がたくさんあります。大都市なので当然なのですが、それだけに業者間の競争も激しいと言えます。他と同じことをしていては時代に遅れてしまうと、他の会社との差別化を図る動きがみられます。 差別化と言ってもいろいろあります。金額をどこより安くすること、アフターサービスを充実すること、そして最近はリフォーム素材にこだわる業者さんが大阪でも増えてきています。 今は、本当にいろんな素材が出てきていますから、その中でもリフォームに向いた素材を使ってデザイン面でも機能面においても充実させようという動きです。 中でも、ガラスを使った素材は大阪でも脚光を浴びています。ガラス素材の瓦やブロックがあるのです。

大阪で注目を浴びているガラスブロックは、とても見た目がきれいなものです。これは塀などの一部に埋め込んでアクセントとして使われています。一部がガラスというだけで塀の印象はかなり明るいものになり、また、注目度も高くなります。この特殊なブロックは塀に使用するだけではなく、家の中において飾りとして使うこともできるのが特徴です。 リフォームの中には瓦が古くなって取り替えるという施工もありますが、昔ながらの日本的な瓦に加えて、最近では、ガラス製の瓦が登場してきました。これは屋根全体に使うのではなく、一部にアクセントとして使うものです。ガラス瓦に変えることによって室内に自然光を取り入れることができます。室内から見ると、とてもきれいです。